So-net無料ブログ作成
ネタバレ ブログトップ

『ピアノのムシ』1巻3話後半のネタバレと感想、無料お試し情報 [ネタバレ]

スクリーンショット 2015-12-15 22.30.47.png
こんにちは♪
ゆうといいます。

ピアノの調律師の漫画が
けっこう面白かったので
紹介します。

ピアノの調律師が主人公の漫画




『ピアノのムシ』は
まんが王国で読めます。




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪





ここから先は3話後編のネタバレになりますので
注意してくださいね♪
ーーーーーーーーーーーー



『ピアノのムシ』3話【Chapter3後編】


アマギの社員の伏見が言った


『このピアノから手を引いて欲しい』



それに対し
蛭田は我慢出来ずと言った感じで
高笑いする




『俺の顧客を返せ』
『さもなくばこの業界で働けなくしてやる』


回りくどい言い方しないで
ストレートにいったらどうだ?


蛭田は伏見に対して
言った



『このピアノが一年前から調子が悪いのは
何が原因だと思う?』

伏見
『この機種はもう古い
ガタが出だしただけだ!』



蛭田
『…マジで言ってるのか?
本気のアマちゃんだな』



そう言うと
修理代金を
全額置いて帰る蛭田



その後
蛭田が修理したピアノは
アマギが下取りして
新品のピアノが
入る事になった。



…だが
話はここで終わらない…


…半年後…


再び蛭田に電話がかかってきた


『助けてくれへんかぁ?』



ーーーーーーーーーーーー
『感想』

蛭田の洞察力が
ハンパないなと

つくづく思う
話です。


通常なら気づきもしないところに
目がいくところ

アマギの社員のたいしても
超強気な態度

自分の仕事に
プライドをもっている証拠だと思います。


それでも
接客態度は真似したくないですけどね(笑)




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪










共通テーマ:コミック

『ピアノのムシ』1巻3話前編のネタバレと感想 無料お試し情報 [ネタバレ]

スクリーンショット 2015-12-15 22.30.47.png
こんにちは♪
ゆうといいます。

ピアノの調律師の漫画が
けっこう面白かったので
紹介します。

ピアノの調律師が主人公の漫画




『ピアノのムシ』は
まんが王国で読めます。




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪





ここから先は3話前編のネタバレになりますので
注意してくださいね♪
ーーーーーーーーーーーー



『ピアノのムシ』3話【Chapter3前編】


悪徳ピアノ詐欺師


安い料金でお客を釣り


その後で
必要の無い修理で
上乗せし

法外な料金をむしり取る手口



オシャレなバーで
お酒を飲みながら
話をしている
巽調律所の社長


そのバーにあったピアノの音が
おかしいと言う事で
仕事を請け負う







酔ってる時に仕事を
取るもんじゃない


バッチリ
仕事がブッキングしていて



代わりに
蛭田に頼み込む社長…


二週間
個人客の接待をしない
という契約で

蛭田が
いく事になった



お客への
接客態度は最悪だか


ピアノを触ると
目の色が変わった



『一ヶ月前に調律されたって本当か?』



音程のくるいが大きい
それと雑音がある


ピアノの症状を
的確に言い当てる蛭田に
感心する依頼者



毎年
アマギの調律師に調律を頼んでいたが


今回来た若い調律師に
ピアノの買い替えを勧められてた



だが
蛭田は
修理で直ると言う



接客が嫌いな蛭田だが
二週間のパラダイスのため


我慢してピアノの修理をする事に



そして……


完璧なまでの音色を奏でる
ピアノに大変身した
依頼者は大喜びだった



これで
一件落着かと思いきや




アマギの調律師から
呼び出しが



『あなたがした行為は、器物破損行為と言える



ーーーーーーーーーーーー
『感想』


今回の話は
ピアノ詐欺の話かと
思いましたが


蛭田がピアノ詐欺みたいに
言われているようですね



アマギのアマちゃん
調律師が後半で

ボコボコにされる姿が
目に見えます(笑)



>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪











共通テーマ:コミック

『ピアノのムシ』2話後半のネタバレと感想!ピアノの調律師の漫画 作者:荒川美喜夫 [ネタバレ]

スクリーンショット 2015-12-15 22.30.47.png
こんにちは♪
ゆうといいます。

ピアノの調律師の漫画が
けっこう面白かったので
紹介します。

ピアノの調律師が主人公の漫画




『ピアノのムシ』は
まんが王国で読めます。




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪





ここから先は2話後半のネタバレになりますので
注意してくださいね♪
ーーーーーーーーーーーー



『ピアノのムシ』2話【Chapter2後編】


『このイースタインは偽物だろ?』



そう


そのイースタインは
獅童の友人の
入木(いりき)が作ったピアノ



仕事も家族も捨て


全てをイースタインに捧げた男だ



そいつが最後に残したピアノが
どんなモノなのかは

自分の耳で
確かめればいい!!



そう言って
調律の終わった
イースタインを獅童に渡す



恐る恐る
ピアノに手をかける獅童


ピアノを弾くと
そこには・・・




ーーーーーーーーーーーー
『感想』


夢を追いかけた
一人の男の物語が

たくさん詰まった
ピアノでしたね。


こういう話は
心が
あったかくなります。


職人の生きた証

モノに宿るんですね♪




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪











共通テーマ:コミック

『ピアノのムシ』2話前半のネタバレと感想 無料お試し情報 [ネタバレ]

スクリーンショット 2015-12-15 22.30.47.png
こんにちは♪
ゆうといいます。

ピアノの調律師の漫画が
けっこう面白かったので
紹介します。

ピアノの調律師が主人公の漫画




『ピアノのムシ』は
まんが王国で読めます。




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪





ここから先は2話前編のネタバレになりますので
注意してくださいね♪
ーーーーーーーーーーーー



『ピアノのムシ』2話【Chapter2前編】


2話で登場するピアノは


昭和のいぶし銀
『イースタイン』


日本製のピアノだ



依頼者の鏡社長は
相変わらず
儲ける事しか
考えてない



蛭田はそれを
分かった上で
調律の仕事を
引き受けた



そして
そのピアノと
関わりがありそうな獅童(しどう)と言う
1人の男がいる


獅童は
そのピアノの真実を
知っているようだが・・・



ーーーーーーーーーーーー
『感想』

お客に対しての無礼発言の連発は
蛭田の十八番ですね


言ってる事は
正論なんですけど


言い方は
最悪です


今回のピアノも
なにやらいわくつきの様子


蛭田は
少しピアノを
いじっただけで
真相が分かってる様な口ぶりです。




>>> ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪







共通テーマ:コミック

調律師が主人公の漫画『ピアノのムシ』1話後半のネタバレと感想 無料お試しあり 荒川美喜夫著 [ネタバレ]



スクリーンショット 2015-12-15 22.30.47.png
こんにちは♪
ゆうといいます。

ピアノの調律師の漫画が
けっこう面白かったので
紹介します。

『ピアノのムシ』は
まんが王国で読めます。




>>>ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪





ここから先は1話後半のネタバレになりますので
注意してくださいね♪
ーーーーーーーーーーーー



『ピアノのムシ』1話【Chapter1後編】

『ピアノは直せる、だがあんたらが嘘ついてるから直したくない』

蛭田はさらに話を進め
『正確には嘘じゃなくあえて隠していることがある!

ピアノを少し引いただけでそんな事分かるんでしょうか?

蛭田はピアノの調律以外で
パーツが交換されている事を指摘する。
それは調律師の後に誰かがやったものだと

どうやらパーツの交換を下のは
その家の息子だったらしく
話を聞くと

『調律師って人種が信用ならねーからだ!』

その息子は自信満々に語ったが

蛭田の説明は適確だった
まずパーツの取り付け方がド素人

音の雑味が特別変だった

その雑味は息子がパーツを取り替えた事によって
出来た事は母が証言した。

蛭田は必要なパーツを発注し
徹夜で作業をする。

それも息子の修理がいかに
ダメなのかを的確に罵倒しながら(笑)

次の日
ピアノの調律が終わり
母に引いてもらうことに

おそるおそるピアノを弾いてみると
買った当時の音が蘇っています。

さすが腕だけは一流

だが息子はまだ納得していません
なぜ俺の修理がいけなかったのか?

蛭田いわく
息子の買ったパーツは
一見高級品のパーツだが
実は中国製の
粗悪品だったと言う事。

そのパーツが雑味の原因だと蛭田は言った

その後さらりとピアノのまめ知識を披露し
無事に仕事完了です。

ーーーーーーーーーーーー
【感想】
蛭田の高飛車の物言いは
好きな人にはたまりませんね。

ピアノの知識は
無いですけど
本を読んでいると
ピアノが好きになってきそうです♪


>>>ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪









共通テーマ:コミック

調律師が主人公の漫画『ピアノのムシ』1話前半ネタバレ 感想 無料で試し情報。荒川美喜夫著 [ネタバレ]



スクリーンショット 2015-12-15 22.30.47.png
こんにちは♪
漫画好きのゆうといいます。



『ピアノのムシ』は
まんが王国で読めます。





>>>ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ

※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪









ここから先は1話のネタバレになりますので
注意してくださいね♪
ーーーーーーーーーーーー



『ピアノのムシ』1話【Chapter1前編】

場所はピアノのショッピングセンター
一人の女性がセールスマンに
接客されているところから始まります。

有名なメーカーだの
超一流だの音色がいいだのと
説明しています。

そこに、主人公の男が現れて一言

『クセーぞ!おいっ』

そういうとそのピアノの音をチェックしだし
このピアノがいかによくないピアノだと
言う事を延々としゃべり始めた。

そして最後に一言
『人間は嘘をつくが、ピアノの音は嘘つかない』

めちゃくちゃカッコいい事言ってますよね!
実際カッコいいです。

そもそもこの男がこの店にきた理由は
このお店の社長に呼ばれて
仕事を依頼されたからだ。

仕事の内容というのが
社長がてがけた三流のピアノを 蛭田(ひるた)に調律してもらい 一時だけでもいい音色を奏でさせて 売ってしまおうと言うもの

蛭田(ひるた)嫌みたっぷりな顔で一言
『イヤだね』

今度は社長を罵倒してスタスタと出て行ってしまいます。

これで帰ったらただのイヤなやつなんですが
その後調律が狂っていたピアノを
いとも簡単に直してしまい

そのピアノを試しで引いていたお客に
売ってしまったのです。

やれば出来る男ですね♪

それを見ていた最初の女性客が
蛭田(ひるた)に声をかけ
調律を依頼したいとお願いするも

『面倒ごとには関わりたくなーーい!』
と帰ってしまいました。

その後、蛭田(ひるた)のいる調律事務所に正式に依頼がきて
しぶしぶ仕事にいくんですけどね(笑)

その依頼先であったピアノが
フランスの名器 プレイエル

ショパンが愛して使っていたピアノだそうですよ♪

どうやらそのピアノは
前の調律師のせいで音が狂い
そして、調律師を信用しなくなったいきさつが
あるようです。

蛭田(ひるた)の腕を信用して
調律をお願いするも…

この一言ですよ

『い・や・だ』
それもすごい上から目線です。

依頼人の家族が怒っていると
さらに付け加えて

『ピアノは直せる、だがあんたらが嘘ついてるから直したくない』


どういう事でしょうね?
つづきが気になる終わり方です。

1話の後半が気になりますね。




>>>ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ






※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪











共通テーマ:コミック
ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。