So-net無料ブログ作成

調律師が主人公の漫画『ピアノのムシ』登場人物、キャラクター紹介 [登場人物紹介]



■登場人物紹介

蛭田 敦士(ひるた あつし)

巽(たつみ)ピアノ調律所で働く調律師
調律の腕前は超一流で
どんな状態のピアノでも
蛭田の手にかかれば
また美しい音色が甦ってしまう

そんな凄腕調律師ですが…
性格に難あり
高飛車な態度は当たり前
お客に毒は吐きまくり

良く言えば裏が無くて分かりやすい。

鏡社長(かがみしゃちょう)

ピアノ流通センターの社長

見た目は小太りで
いかにもお金が大好きな社長さん

性格は見た目道理で
簡単に言うと、江戸時代の悪大名のような感じ

人を騙してでも儲けようとするが
毎回、蛭田に一杯食わされて撃沈する

滝沢 沙織(たきざわ さおり)

1話で蛭田の調律の腕を見込んで
ピアノの調律を依頼した女性

一度断られるも
結果的には調律をしてもらう

滝沢 沙織の母

調律を頼んだピアノの持ち主
主人に買ってもらったピアノが
調律師に勝手に音を変えられ
調律師を信用しなくなっている

滝沢 由樹(たきざわ よしき)

沙織の弟
機械オタクでなんでも自分で
分解したり直したりしている。

母のピアノも
独学で調べ自分で手を加え
直した気でいる自信家





>>>ピアノの調律師の漫画『ピアノのムシ』の無料お試しはコチラ





※『ピアノのムシ』と検索してくださいね♪








共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。